きれいを作るということは一筋縄ではいかないこと

働く女性、おしゃれな女性に欠かせないのが、「メイク」だと思います。

もちろん私にとってもメイクは欠かせない大事なものです。

そして、そんなメイクに欠かせないのが「化粧品」なわけですが、みなさんはその化粧品、そのような基準で選んでいますか?

ファンデーションひとつとっても本当にたくさんの種類があるし、それぞれの商品のメリットやデメリットも様々。

ですがそれは実際に使ってみないとよく分からないですよね。

高いお金を払って買ったけれど、自分には合わなかった。なんていうことも少なくないのでは?

特に私は、アイライナーを買うときにとても悩みました。

アイライナーにも、リキッドやペンシル、ジェルなど形状の違うものがあり、やはり種類もたくさんのものがあります。

朝起きてメイクをして出勤して仕事をしている間の化粧崩れには、みなさん結構悩まれているのではないでしょうか。

そして私は特に、目もとの化粧崩れがとても気になっています。

リキッドだと比較的ラインは綺麗に引けるけれど汗などで落ちやすい。ペンシルはそもそも上手くラインが書けない。

ジェルは汗で落ちたりすることは無いけれど、細く綺麗なラインを引くのが難しい。

それぞれの種類を試してみて、私は上記のような印象を持ちました。

未だにまだまだ試行錯誤中ですが、落ちにくいことを重点に見るならば、ジェルライナーが一番いいのかもしれないなと考えています。

女性にとって欠かせないメイク、そしてアナヤス化粧品

数あるものの中から、どのようにして自分に合うものを選び、自身を美しく見せるのか。

ぜひ一度、みなさんの意見も聞いてみたいですね。

カテゴリー: 未分類 | タグ: | コメントする

化粧品にまつわる「一家言」

化粧品にかんして、あらゆる女子は「一家言」をもっているのではないだろうか。
いっかげん。化粧品づかいに関するポリシーである。

「チークやアイシャドウなんて、にたりよったり。でもスキンケアは絶対手を抜いちゃだめ」
と語る人もいれば
「スキンケアなんて、最低限なほうがいいのよ。でもチークやマスカラの発色は海外モノが最高」
と言ったりする。

あるいは

「これと決めた化粧品は徹底的にリピートして自分になじませるの」
という主張をする人もあれば
「いつも同じ化粧品じゃいつも同じ自分じゃない?」
と断言する人もある。

それらの主張はもちろん主観に基づくもので、おまけに個人の体質の違いもある。
なので、おおむねバラバラである。
自信をもって言い切っても、それが真実である保証はまったくない。
しかし。
一家言をもっている女たちは、皆ふしぎと美しい。
化粧が薄かろうか濃かろうが、美人だろうがそうでなかろうが、皆、魅力ある顔立ちをしている。

おそらく一家言をもっている人は、
化粧品を、化粧を、きちんと「自分のもの」にできているのだろう。
ぎこちない着こなしをしていることを「服に着られている」くいうが
化粧も未熟なうちは「化粧品に化粧をされて」しまうのだ。
おてもやんのようなチークと、盛りすぎなまつげ。ベースメイクは、ほぼすっぴん。
なんだかツギハギのような女子高生を眺めながら
彼女たちもいつか誰かに語るであろう「一家言」を聞いてみたくなる。

カテゴリー: 未分類 | コメントする

化粧品の魔力

私は化粧ポーチの中身を最小限にまとめようと最近頑張っています。
今まではファンデーション、リップ、チーク、アイブロウ、アイシャドウ、全部入れてパンパンでしたが、
最近は、赤いリップとお粉、眉ペンのみにしました。

鈴木その子 SONOKO化粧品


化粧品がスッキリしたところで、お化粧もスッキリさせようと、赤いリップとふと眉毛メイクにはまっています。
まさにトレンドモデル気取りです。
しかし、私は丸顔です。まるでオカメみたいになってしまいますが、頑張っています。
ふと、化粧品とは、何であんなに高価なんだろうと思いました。もちろん安いものもありますが、デパートで売っているものはリップで一本三千円もします。
だけど、化粧品を断捨離してミニマムにしたので、その分、気に入ったものを買うことにしました。
そこで、買った一本三千円のリップで、気分がすごく上がることに気がつきました。
ボトルのデザインなどもあると思いますが、これは化粧品の魔力だとおもいました。
持っているだけで、私は綺麗という暗示、魔法がかかるのが化粧品かもしれません。
ブランド化粧品の優雅な香りに誘われ、デパートで散財するのが女の宿命かもしれません。

カテゴリー: 未分類 | コメントする

オーガニック化粧品の効力

最近は化学成分の化粧品に飽きてきて、オーガニック化粧品を使い始めました。
昔から効きそうな化学成分の化粧品をたくさん買い込んで、いろいろと試してきました。
アンチエイジングのものだったり、美白系のものだったり、一本一万円する美容液を購入していました。
たっぷりと使って一本使い終わるのですが、なぜかリピートしようとまではいかないものが多数でした。
速効性が見られなかったためです。
お肌がふっくらしたとかしわがなくなったとか、そういうのを求めていたのです。
ある時オーガニックの化粧水に出会いました。オーガニック植物のエキスが高濃度で配合されている化粧水です。
それが、使い心地が良くて初めて化粧品のリピート買いをしました。
ヒアルロン酸などが入っているわけではないのに、しっとり感がすごいです。香りもすごく癒されます。
効き目が弱そうなイメージがあったオーガニック化粧品ですが、実は植物パワーで凄く効果があるのではと思い、クリームなども購入して使っています。今のところつけ心地はすごく良好です。しかしお値段が張るのがたまにきず。
これからアンチエイジングのことも考え、いろんなアイテムを増やしていきたいと思います。

カテゴリー: 未分類 | コメントする

基本に戻って肌にやさしい基礎化粧品選び

基礎化粧品選びは女性にとって永遠に続く旅のようなもの
新商品が出たら売り場に走り、口コミを聞いたらまた走り…

特にデリケートなお肌を持つ人にはシビアな問題ですよね。
最近ではストレスや年齢に伴い、肌質が変わってきた、という方が多いようです。
肌トラブルに悩まされ、なかなか自分にあった化粧品が見つからない、など。

私もそのひとりで、20代初めまではどちらかというとオイリー肌で、
ケアも特に気をつけなくてもトラブルが少ないほうでした。
それが20代半ばで突然、乾燥性敏感肌に。
以前まで使用していた化粧品ではすぐにピリピリ感や赤いポツポツが出てきてしまい、
基礎化粧品をすべて見直さなければなりませんでした。

いろいろリサーチし、

アテニア化粧品

「高いものはよいだろう」という思い込みから、
口コミなどでいいと言われる高級化粧品やデパートの化粧品売り場に通いつめ、
いろいろな商品を試して、さらにかなりの金額を投資したのですが…
劇的な効果のある商品とはめぐり逢うことができませんでした。

その後も旅は続き…行き着いた先は意外にも
ドラッグストアで購入できる基礎化粧品でした。
お肌に優しく余計なものが入っていない皮膚科医推奨のものや、
赤ちゃんにも使えるもの、海外のナチュラル系化粧品など。
どれもお手頃な価格で試すことができ、それらを続けることによって、
今では私の肌も安定しています!

化粧品は値段ではなく、自分に合うかどうかですよね。
また、原点に戻って、シンプルに肌にやさしい基礎化粧品で肌をいたわることが大切と実感。
私の基礎化粧品を探す旅もそろそろ落ち着く場所が決まりそうです。

カテゴリー: 未分類 | コメントする

私にとって必要不可欠な化粧品

化粧品選びは本当に大変です。好きなブランドでも肌に合わない化粧品ですと、それっきりになってしまいます。新発売の化粧品が出ると、どうしても欲しくなり買ってしまうことも度々あり、そして後悔をすることの繰り返しをしています。

その時に戻るのが、今までずっと使用していた化粧品なんです。他のブランドで荒れてしまった肌を、その化粧品で修復するわけです。と言う事は、この化粧品は自分の肌に合っていて、何かあった時でも元の状態に戻してくる優れた化粧品だったんです。

番自分の肌を知っている化粧品でもあります。その大切な化粧品に飽きて、他の物へ浮気をしていたんですね。毎日使うものですし、いつも同じ容器、同じ香り、同じ使用感に飽きてしまっていたのかも知れないです。

そして、結局その化粧品に戻るわけですから、本当に浮気性でした。それが分かってからは浮気しないで、ずっと使い続けようと最近思うようになりました。新製品にはやはり興味がありますが、また浮気したらいつもと同じ荒れた状態の肌で、又戻ってくるのかも知れないです。このブランドは私にとって必要不可欠な存在なんですね。

カテゴリー: 未分類 | コメントする

なんとなくで選ばない。自分基準で化粧品を選ぶ!楽しむ!

世の中に星の数ほど存在するのではないかと思わせる化粧品ブランド。一つ一つ試して、自分の肌に合うものを見つけられればいいのですが、実際には不可能なことです。

私は、化粧品は自分なりの基準を決めて購入しています。
気をつけている点は、なるべく負担をかけないよう肌にやさしい商品を選ぶようにする点です。
毎日肌につけるものです。香りがきつすぎるものや、あまりに値段が安い商品は品質が不安なので買いません。できるだけ「無○○○」「○○○は使用していません」などの表示がされた添加物が少ない商品を選びます。
また、基礎化粧品とベースメイクに使うものはライン使いするようにします。
ですが、ポイントメイクに使うマスカラとアイライナーは別メーカーを使っています。使い慣れた商品から別の商品に切り替えるのは少し抵抗があり、長年同じ商品を使っています。

化粧品はパッケージやデザインが可愛らしい商品がたくさんあります。私は買わない分、新商品を紹介するパンフレットやチラシを集めています。各ブランド違った雰囲気が一度に楽しめます。収集する楽しみもあり、化粧品の広告集めはお金がかからない趣味です。

使う以外に、見る楽しさもある化粧品。化粧する楽しみを感じたり、気分が盛り上がる商品と出会いたいものです。

カテゴリー: 未分類 | コメントする

化粧品を選ぶときの基準

ひと昔前、化粧品はいくつかのメーカー、ブランドしかありませんでしたが、
今や有名ブランドもノーブランドも数え切れないほど多くなり、
直営店、ドラックストアで容易に手に入れることが出来るようになりました。

しかも、ドラックストアだと2割安くらいで重たいアドバイザー無しでお買物出来ます。

庶民が気軽にオシャレを楽しめる時代になりましたよね。

私は独身のころ、2年ほど某化粧品メーカーに勤めていたことがあります。

その時に化粧品の原価の安さに驚きました。

化粧品の価格のほとんどが開発費や宣伝費で、価格はすごく高価なものになります。

メーカー勤務のときは半額で購入していましたが、
辞めてしまってからはそんなカラクリの高価なものには手が出せずにいます。

そして必ずしも高いものがよいとは限りません。

自分の肌にあっているかどうかだと思います。

自分の肌にあっているかどうかは一つ一つサンプルなどで確かめていくといいですね。

大量にサンプルを提供する業界ですから上手に活用してください。

そんな理由から、私は安いノーブランドのアヤナス化粧水や美容液のスキンケアを浴びるように毎日使っています。

高いものを少量使うより、タップリと惜しみなくスキンケア商品は使ったほうが気持ちよいものです。

ただボディケアの化粧品だけはお気に入りのブランドがあります。

バスタイム後にボディバターでマッサージしてリンパマッサージにもなります。

香りも伸びもすごくよくて使っている時間は自分のエステタイムです。

化粧品は外見やお肌を磨くものですが心の癒しもしてくれるものだなと思いながらお手入れをしていると、
化粧品を選ぶって値段じゃなくて自己満足の基準だなと思いました。

カテゴリー: 未分類 | コメントする